トラベル・スタンダード・ジャパン 顧客満足度向上活動 -Customer Satisfactioin-

トラブルレポート

REPORT

24

「ホテル側の確認ミスによる、チェックイン時の待機時間発生」

[発生日付: 2014年07月17日]
責任所在:
ホテル
出発日:
2014年7月11日
期間:
7日間
旅行先:
カンクン
詳細:
ご帰国後、お客様よりご連絡をいただき、現地のホテルにてチェックインの際、
お客様のバウチャーに記載の部屋カテゴリーが、ホテル側のシステム登録と異なっていると思われた為、
再確認が必要となりました。その後、ホテルスタッフの確認ミスが明らかになり、
バウチャーに記載通りのお部屋をご利用いただきました。
しかし、確認の間、フロントにて30分の時間をお待ちいただくという事態が発生いたしました。
対応:
ホテル側に事実確認し、ホテルスタッフの確認ミスが当社側でも事実確認できました為、
お客様へは深くお詫び申し上げ、ホテル側が用意した謝罪文をご確認いただき、ご容赦いただきました。
お客様へ

ご旅行中の貴重な時間を頂戴する結果となりました事、深くお詫び申し上げます。
このような事態が起きた際、お渡ししておりますバウチャーは確かな予約記録ですので、
ホテル側の間違いが明確な場合は、すぐにバウチャーと共にお渡ししている現地緊急連絡先へご連絡ください。
お客様には寛大なご容赦を賜りましたが、旅行会社としての責務を全うすべく、
ホテル側へ、予約の再確認を徹底し、再発防止に努めてまいります。

一覧に戻る